冷え性改善サプリメントや冷え性対策グッズを管理人が試した体験談を紹介しています。冷え性と低体温を改善克服するために効果的な食事・運動・入浴法などの情報も合わせて紹介しています。

冷え性・低体温の改善克服体験談

症状

冷房病とはどんな症状?クーラー病の原因と対策

更新日:

クーラー病

冷房病の症状と冷えを防ぐための食事や入浴法、
おすすめの冷房病対策グッズについて説明しています

スポンサーリンク

冷房病とはどんな症状?

冷房病とは、冷房の冷たい風を受けることで、
体の温度が下がり、全身的な血行不良を
引き起こすことをいいます。

全ての人に同じように現われるものではありません。
個人差があり、冷え性などその人の体質によって様々です。

冷房のきいた部屋に長時間いたり、冷房の風が当たる
体の位置によって色々な症状がでてきます。

冷房の冷たい風を頭・首・肩・上背部に受けると、
頭痛・肩こり・風邪が起こりやすくなります。

腰に冷房を受けると、腰痛・神経痛・膀胱炎・下痢・腹痛を
そして腰以下を冷やすと坐骨神経痛・こむらがえり
足のだるさ・不眠症を引き起こしやすくなります。

冷房病(クーラー病)の原因と対策

人が急激な温度変化に対応できるのは、5℃以内といわれています。

それ以上の変化を度々受けていると、体温調節機能が徐々に狂ってきて、
温度変化に対応できなくなってしまいます。

冷房の効いたオフィスと営業での外回り、ショッピングで
涼しいデパートを出たり入ったりなど、温度差の激しい
場所の出入りは、自律神経失調を引き起こすことも
あるといわれています。

温度差が5℃以上という急激な温度変化にさらされると
人の体は対応できずに自律神経失調を引き起こすことも
あるといわれます。

頭や首、肩などが冷えると、その冷えがだんだんと
頭痛や肩こりに繋がっていったり、冷房で風邪を
引いてしまうこともあります。

冷房対策を怠らないようにしましょう。

冷房病対策に効く食事と入浴法!

冷房病の対策としては次のようなことを心掛けるとよいでしょう。

夏は暑さで食欲がなく、清涼飲料水やそうめんなど
冷たいものばかりを摂っていないでしょうか?

冷房病対策には、冷えた体を内から温めることも必要です。

暑いときにこそ栄養のあるあたたかいものを食べましょう。

生姜・唐辛子・クローブ(丁香)など、体を温める
スパイスを食事に取り入れるのも効果があります。

寝る前はシャワーでなく入浴をしましょう。

暑くなると、シャワーだけで済ませてしまいがちになりますね。

しかし、シャワーでは体の汗や汚れは落とせても、
体を温めることはできないのです。

お湯につかることによって、冷房のために滞った血行を
回復させることができます。

血行の回復には、ぬるめのお湯にゆっくり入りマッサージを
行うと更に効果的です。

入浴後は汗をしっかり取り扇風機やクーラーの風を
直接受けることは避けましょう。

冷房対策グッズを活用して冷えを防ぐ

夏は冷房対策グッズが欠かせない、という人は意外と
多いのではないでしょうか?

女性は当然のことながら、男性でもデスクワークの人なら、
冷房対策グッズが手放せないという人がいるかもしれませんね。

猛暑日が続いていても、オフィスでは冷房が効いて涼しいくらい
というのはよくあることです。

冷えを防ぐには、首まわり、お腹、足元を暖かくすることが重要です。

冷房対策には、まず、これらの部分を冷やさないようにすることが効果的。

冷房対策グッズをうまく利用しましょう。

カーディガンなどの上着を羽織ったり、ひざ掛けやブランケットを
利用するのがよいでしょう。

オフィスだけでなく、劇場・レストランなど冷房のきいた場所に
長時間いると、体の弱い部分が被害を受けます。

カーディガンか大き目のスカーフがあると冷えを防ぐのに役立ちます。

冷房の風が当たって腕が冷えるという人はアームカバーを。

足元の冷え対策には、靴下やストッキングはもちろんですが、
レッグウォーマーもおススメです。

お腹を温めるといえば、腹巻ですね。

夏に腹巻というのは意外かもしれませんが、
夏用の腹巻としておしゃれなものが最近ではたくさん出回っています。

夏用の腹巻は、薄手で蒸れにくいので快適に着用することができます。

お腹が冷える、胃腸が弱いという人は使ってみてはいかがでしょうか。

もともと、冷え性だという方は体の内側から
改善していくことも大切です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-症状
-, , ,

Copyright© 冷え性・低体温の改善克服体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.