寝る時用靴下は本当に足先の冷えに効果ある?足冷えする理由とは?

就寝時に足先から体が冷えてしまうのを防ぐために靴下を着用するという人は多いのではないでしょうか。

しかし、履き方や靴下選びを間違えてしまうと逆に冷えてしまうことをご存知ですか?

今回は寝る時に履く靴下選びのポイントを紹介します。

寝る時用靴下で足冷え対策!メリット・デメリット

足先から体が冷えるのを予防する効果が期待できます。

特に、お風呂上がりに靴下を履いて、そのまま就寝すると体温が高い状態を保ちつつ、眠ることができます。

足先が冷える人にとっては欠かせない寝る時用靴下ですが、実は、逆に冷えてしまうともいわれています。

どちらが本当なのでしょうか?

靴下を履いて寝ると冷える理由には次の2つがあります。

【汗で湿った靴下で冷える】
靴下を履いて寝ると、血行が良くなり足の裏に汗をかきます。
汗で湿った靴下は体温を奪ってしまうので足先は冷えます。
結果的に、冷えの症状が悪化してしまいます。

【靴下の締め付けで血行不良】
靴下のゴムの締め付けが足首を圧迫して、血行が悪くなり足が冷えてしまいます。

寝る時用靴下選びのポイント

吸放湿性の低い化学繊維の靴下は避けたほうがよいでしょう。

重要なのは素材です。

吸放湿性がある綿などの天然素材、特にシルクが適しています。

化学繊維の場合は、吸放湿性が高い加工をしてあるものを選べば大丈夫です。

締め付けに関しては、足首のゴムが入っていないものを利用するのもよいかもしれません。

通気性が良い羽毛靴下や5本指の靴下、ゴムがゆるく締め付けのないソックスなど、多くのメーカーから寝るとき専用の靴下が販売されています。

寝る時の足冷え対策にオススメの商品は?

寝る時は、足先があいていて汗が蒸発するレッグウォーマーのほうが靴下よりも適しているといわれています。

素材がシルクとコットンのロングタイプなら季節を問わず使えるので便利です。

楽天市場店⇒冷えとり靴下のシルクパーティー

楽天市場店⇒natural sunny

快眠博士 楽天市場店

冷えとり健康法では寝るときも靴下を履く

ちなみに、5本指靴下や靴下の重ね履きで知られる冷えとり健康法では、靴下は寝るときもそのまま履きます。

重ね履きするときは、シルクと綿が交互になるように履いていきます。

手持ちの靴下を重ねて履くときついので、履き口がゆったりしてゴム跡がつかない重ね履き専用の靴下を選ぶことが大切です。

夏はどうするの?と思ってしまいますが、冷えとり健康法では足元は一年中温めます。

ですから、夏も靴下の重ね履きをします。

暑くて寝苦しそうですが、頭寒足熱を心掛け、上半身は薄着にして涼しい状態にすれば大丈夫だそうですよ。

タイトルとURLをコピーしました