冷房対策は腹巻きで!女性向け夏用腹巻きオススメは?

お腹の冷え

冷房対策にはおすすめの夏用腹巻きを紹介します。

夏は猛烈な暑さの屋外と冷房がきいた屋内との激しい気温差などで体調を崩しがち。

就寝中にクーラーをつけて寝冷えすることもあります。

夏用腹巻きで大切なお腹を冷えから守り体調管理をしていきましょう!

夏用腹巻きのおすすめはシルク素材


↓ ↓ ↓
【楽天1位】腹巻 シルク レディース マタニティ 妊婦 高橋ミカ 日本製 おしゃれ インナー 腹巻 はらまき ハラマキ 可愛い 女性 冷え取り 夏 夏用 絹 お腹 温める 腹帯 妊娠中 マタニティー | 妊活 パジャマ 薄手 シルク腹巻き 下着 締め付けない 子供 シルク腹巻 戌の日

夏に腹巻きを着用することで気になることには次のようなことがありますね。

・暑くて蒸れそう…
・薄着になるとアウターに響くのでは?

蒸れなくて汗をよく吸う素材、アウターに響きにくい薄手の腹巻きを選べば大丈夫です。

シルクは、この2つの悩みをクリアする夏用腹巻きにおすすめの素材です。

シルクはカイコの繭から作られる天然繊維。

特徴は、保温性に優れていると同時に、吸湿性・通気性に優れていること!

夏は涼しく冬は暖かいので1年中通して快適に過ごせます。

また、人の肌に近いタンパク質でできているため肌に優しいという特徴もあります。

医療用として使用されるくらいなので肌の弱い方やアレルギーの方でも肌に直接身につけても大丈夫です。

腹巻きに使われる素材の種類


↓ ↓ ↓
ポリコ腹巻♪優しくフィットする薄手冷え取り腹巻き【日本製】///【マタニティ 腹巻き】【腹巻 レディース 夏用】【冷え取り】【薄手 腹巻】【メール便送料無料対象商品】

シルク以外に腹巻きに使われる素材にはウール・綿・ナイロン・アクリルなどがあります。

綿は下着に使われることも多い天然素材です。

吸湿性や通気性に優れているため、肌着にはぴったり。

ポリエステルは化学合成繊維です。シワになりにくく耐久性が高いのがメリット。

しかし、吸湿性が低いためポリエステルを多く含む生地は汗を吸収しにいデメリットがあります。

また、ポリエステルだけの生地はゴワゴワとして着心地もよくありません。

そのため、綿など一緒に混合糸として使われることが多い素材です。

このように、素材には、それぞれ特徴があります。

季節に応じた素材の腹巻きを使い分けるのが快適に着用するポイントです。

可愛いレディース夏用腹巻きは通販がおすすめ!

お店では昔ながらのシンプルな腹巻きしか販売していない場合も多いですね。

・グレーなど白のシャツの下に身につけても透けて見えることが気にならない腹巻き
・チェック柄のようにチラッと見えても可愛い腹巻き

通販なら、このような腹巻きも販売されています。

最近では夏も冬も快適に過ごせる新素材の腹巻きも販売されています。

人気の腹巻きはランキングサイトでみつけましょう。
↓ ↓ ↓
楽天市場の腹巻きランキング

冷房病対策に夏用腹巻きがおすすめの理由

通勤電車

通勤電車やオフィスは冷房でおもいっきり冷えていることが多いですね。

その他にも、
・熱帯夜で、冷房をかけたまま眠ってしまった
・映画館や図書館も、冷房が効きすぎている
・デパートやスーパーに長時間いると寒い
など、実は、夏は体を冷やす機会がとても多いです。

屋外は、猛暑で体温を超える気温
屋内は、冷房がきいて寒さを感じる室温

このように温度差が大きい場所を行き来していると自律神経がバランスを崩してしまいます。

夏は冷たい飲み物や食べ物を摂ることも増えますね。

そのため、内臓が冷えてしまい、体調不良となることも多いです。

女性の場合はホルモンバランスが崩れやすくもなります。

冷えを感じると心臓やその他の臓器に血液を集めて体温維持をします。

臓器のある体の中心に血液が集まるので、手足には血液が行きにくくなり、手足が冷えてしまうのです。

さらに、中高年になると動脈硬化や血管の老化などから血流が悪くなります。

加えて、皮膚感覚が鈍くなってエアコンの冷気に気づきにくくなり冷え性を悪化させてしまうこともあります。

腹巻きのメリット

腹巻きでお腹を温めると、内臓も温まるので胃腸の不調を防ぐことができます。

胃腸のトラブルは肌荒れにも繋がるので肌荒れ対策にもなります!

さらに胃腸を温めることで便秘改善にもなります。

体の中心が温められると血液は全身にめぐり手足にも十分な血液が送られるので手足の冷え性の改善にも効果的です。

【体験談】お腹の冷えが原因で腹痛!

ここで、我が家のケースを紹介しますね。

数年前、娘が高校生のときの話です。

冷えが原因で腹痛になりました。

腹痛で夜中も痛くて寝られず、朝になっても痛みが続くというので病院で診てもらいました。

胃炎かな、何か大きな病気ではないだろうな…と心配していたら診断結果は冷えが原因とのこと。

ちょっと拍子抜けした感じでした。

食欲もあるので点滴もしなくて大丈夫と、薬をもらって診察はお終い。

低体温や冷え性・冷房病に伴う症状として腹痛があったことを後で思い出しました。

季節は夏。

暑いからといって、冷たいものの飲み過ぎ・食べ過ぎをした覚えはない。

部屋にはクーラーがないので冷房病は考えられない。

扇風機をつけっぱなしということもないと本人は言っています。

どこで冷えたのか?

考えられるのは服装かな、という結論になりました。

夏休みに入り、部活が終わって家にいるときは、タンクトップにショートパンツという格好が多かったのです。

お腹が冷えたんでしょうね。

それにしても、あまりに痛がるので食べ物が原因かと思ってしまいました。

暑いけれども、腹巻をさせました。

ちなみに病院で体温を測ったら35.5℃。

夏こそ、お腹を冷えには要注意!ということを実感させられた一件でした。

関連記事
高校生の低体温を防ぐ3つの方法

タイトルとURLをコピーしました