太ももを温めるグッズと方法!効果的な太腿の冷え対策は?

太腿の冷え対策

太ももが冷えてお困りの方のために効果的な太ももの温め方とグッズを紹介します。

太ももを温めると下半身の冷え性改善だけでなくダイエット効果も期待できますよ。

本格的な寒さがやって来る前に温活をはじめましょう!

太ももを温めると冷え性改善に効果的!

体を温めるには大きな筋肉を温めるのが効率の良い方法です。

理由は、大きな筋肉には血管がたくさん集まっているから。

筋肉を温めることで血液が温まります。

そして、その温まった血が全身をめぐることで熱を全身に伝えることができます。

太ももの筋肉量は全身の3分の1から4分の1を占めるといわれます。

つまり、熱の発生源である筋肉が最も多い部分です。

ですから、太ももを温めることが冷え性改善に効果的というわけなんですね。

太ももを冷やさないようにするだけで足元まで温かく感じるようになります。

太ももを温めるグッズ【ひざ掛け・湯たんぽ・スパッツ】

体を温めるには、体温を逃がさないことが重要です。

◆デスクワークにひざ掛け

すぐにできる太ももを温める方法は「太ももに何かをかける」です。

ひざ掛けやブランケットを活用しましょう。

ミニ湯たんぽを膝の上にのせるのもおすすめです。

内ももには太い血管が通っているので太ももの内側に湯たんぽ等をはさむと足全体を温めることにつながります。

関連記事
100均ミニ湯たんぽと繰り返し使えるエコカイロ、持続時間はどれくらい?節約になる使い方を紹介!
湯たんぽのおすすめ種類は?種類別の特徴と効果的な使い方!
充電式(蓄熱式)湯たんぽの人気おすすめ商品は?【使い方・寿命・捨て方】

◆外出時や立ち仕事にはスパッツ

スパッツやレギンスを着用しましょう。

お尻からくるぶしまでしっかり覆うロングタイプや膝上までの5分丈、裏起毛タイプなど多くの種類があります。

保温性が高いダウンの巻きスカートならオシャレも楽しめます。

冷えやすいお腹を温める腹巻きもオススメ。

アウターに響かない薄手タイプや見えても大丈夫なオシャレな腹巻きもあります。

寒い時期は保温性が高い素材、夏は蒸れにくい通気性のよい素材を選びましょう。

カイロで太ももを温める方法

カイロ

◆太ももに貼る

カイロを、肌に直接触れないようにして太ももに当てます。

太ももは多くの血管が通っている部分なので太ももを温めると全身が温まりやすくなります。

◆ツボに貼る

尾てい骨の上部にある「仙骨」というツボにカイロを貼ります。

温めると自律神経が活性化して血流がよくなるので体がポカポカしてきます。

※カイロを貼るときは低温火傷に気をつけましょう。

肌に直接貼るカイロを利用してみるのもよいかもしれませんね。

太ももの筋肉を鍛えて温める方法

スクワット

体の中で大きな筋肉と言えば太ももですが、実は、太ももは筋肉が衰えやすい部位でもあるんですね。

ですから、筋肉が衰えると血行不良になり、その結果、冷えにつながるというわけです。

筋肉を鍛えることで血行がよくなり太ももが温まります。

筋肉を鍛えると太ももが太くなる?

筋肉がつくと基礎代謝が高くなり、余分な脂肪が減ります。

太ももが太くなるどころか、むしろ、太ももが引き締まる効果が期待できるそうですよ。

筋肉を鍛える具体的な方法としてはスクワットがあります。

場所もとらず、ちょっとしたスキマ時間に手軽にできるので続けやすいのがメリット。

ちなみに、少々のスクワットでは太ももが太くなる程の筋肉はつきません。

また、トレーニングマシンを利用する方法もあります。

太ももを温めるとダイエットに効果的な理由

太ももの筋肉を増やすことで基礎代謝は高くなりますが、温めることでも基礎代謝は高くなります。

逆に、冷えると筋肉があっても基礎代謝が落ちてしまうので、脂肪がつきやすく太りやすい体になってしまいます。

ですから、太ももを温めると痩せやすくなりダイエットに効果が期待できるというわけです。

上記で紹介したグッズや衣類で外側から温めたり、スクワットなどの運動で内側から温める方法を毎日の生活にとりいれてみましょう。

また、内ももをマッサージすることで、太ももを温める方法もあります。

内ももには老廃物を流すリンパがたくさん流れています。

マッサージすることで老廃物排出、血流改善、さらに、太ももも温まって痩せやすい体となります。

太ももマッサージの方法

やり方は、まず、膝の上辺りの内ももを両手でつかみます。

次に、親指に少し力を入れて膝から鼠蹊部(足の付け根)にかけて揉んでいきます。

老廃物を排出するイメージで気持ちのいい範囲で続けましょう。

太ももを温める方法まとめ

・カイロや湯たんぽなどのグッズや服装で外側から温める
・運動で筋肉を鍛える内側から温める

太ももを含め下半身は常に冷えやすい部位といえます。

寒い冬はもちろん、花冷えの春先、梅雨冷え時、そして夏の冷房冷えなど一年を通して温めることを意識したいですね。

大きな筋肉と大きな血管があるということ、脂肪がつきやすいということを念頭に置いて、自分にあった方法で太ももを温めてください。

また、体を温める食べ物や飲み物で内側からの冷え性対策も行っていきましょう。

冷え性改善に効果が期待できる成分を毎日の食事で摂りつづけるのはむずかしいものです。

不足分はサプリメントで補うのがオススメです。
↓ ↓ ↓
くろす美人丸の冷え性改善効果は?実際に試した感想を紹介!

関連記事
あったかインナー比較!乾燥肌・敏感肌の女性が選びたい防寒インナー素材は?
ベルメゾンのホットコットとヒートテック!防寒インナーの素材・着心地・特徴を比較!
ヒートテックが危険といわれる理由と吸湿発熱インナーの選び方
セブンプレミアム ボディヒーターとヒートテックを比較!あなたに合うのはどちら?

タイトルとURLをコピーしました