冷え性改善サプリメントや冷え性対策グッズを管理人が試した体験談を紹介しています。冷え性と低体温を改善克服するために効果的な食事・運動・入浴法などの情報も合わせて紹介しています。

冷え性・低体温の改善克服体験談

関連症状

冷え性の原因はストレス?心因性冷え性を改善するポイントは?

更新日:

ストレスによる冷え

ストレスが冷え性の原因になることをご存知ですか?

心因性冷え性という言葉があるほど、
ストレスと冷え性には深い関係があります。

ストレスによる冷え性を改善するポイントを紹介します。

スポンサーリンク

ストレスが冷え性の原因になる理由

ストレス

精神的、身体的なストレスが過剰になると、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経は、体温の調節や脈拍数の調節など体の調子を整えるために24時間働き続けている神経です。

体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。

交感神経と副交感神経は、例えるなら車でいうところのアクセルとブレーキのような関係。

アクセルとブレーキの両方があることで車が安定して走れるように、交感神経と副交感神経のバランスが体調を保ってくれているのです。

ですから、自律神経のバランスが乱れると普段は意識せずに取れている体のバランスが崩れ、いろいろな不快症状が現れてきます。

冷え性も、そのひとつです。

人間の体は、寒さを感じると体温を逃さないように交感神経が活発に働いて末梢の血管を収縮させる働きをします。

すると末端の血液量が低下するので、手足が冷たくなります。

ストレスで緊張状態が続いた場合も、同じように交感神経が副交感神経よりも活発な状態になります。

なので、手足に冷えを感じるようになるのです。

体を温めてもなかなかよくならないという人は、過度なストレスで血流が悪くなっているのかもしれません。

このタイプの冷え性は、ストレスの原因を取り除けば症状の改善が期待できます。

放っておくと、冷えること自体がさらにストレスとなって、冷え性が進行する悪循環になってしまいます。

ストレスが原因の冷え性を改善するには?

アロマ

休養を十分にとり、ストレスを解消する時間をつくることが大切です。

1日の終わりにはリラックスタイムを、休日には仕事を忘れて休息するようにしましょう。

心地の良い音楽を聴くとリラックス状態が得られます。

また、ぬるめのお湯にゆったりと時間をかけてつかることや、アロマセラピーも効果があります。

自分なりのリラックス法を見つけるようにしましょう。

同時に、冷え性を改善するために生活習慣を見直して整えていきましょう。

・規則正しい生活
・バランスのとれた食事
・適度な運動

生活リズムを整えることはストレス軽減にも役立ちます。

【体験談】自律神経失調症で微熱?

自律神経失調症

今から、数年前の話です。

娘が大学二年生の時、
原因不明の微熱(36.6℃)と
動悸に悩まされたことがありました。

36.6℃といえば一般的には平熱です。

しかし、低体温で平熱35.6℃の
娘にとっては立派な微熱なんですね。

病院で診察を受け、風邪薬を処方
されたのですが効き目なし。

動悸の方は心電図をとっても
異常が見当たらないということでした。

熱がなかなか下がらず、
別の病院で診てもらうべきか
迷っていたところ…。

新聞に
「原因不明の微熱は自律神経失調症かも!?」
という記事が載っているのをみつけました。

記事によると、
自律神経失調症に悩んでいる人の
多くが、最初に気になり始めた
不快症状のひとつとして、

微熱が続いたという症状を
訴えるのだそうです。

1ヶ月以上も微熱が続く場合もあるとか。

微熱が続くことによる
不安やストレスが、
さらに別の自律神経失調症の症状を
引き起こしてしまう可能性もあるといいます。

まさに、娘の症状にピッタリ。

図書館で自律神経失調症の本を
借りてきて症状をチェックして
みたところ、可能性がかなり
高い結果となりました。

自律神経失調症は、内科か
心療内科で診てもらえるようです。

本には、運動や生活習慣などで
症状を改善するやり方も紹介されていました。

とりあえず病院へは行かず
家で出来る事から実践して
みようということに。

その後、娘の微熱は3週間ほどで
おさまり動悸もしなくなりました。

アロマや自律神経にやさしい音楽を
聞いたりすることも効果があったの
かもしれません。

その後、改めて別の病院で
診てもらってはいないので、
今回の微熱や動悸の原因は
分からないままとなりました。

別の病気が隠れている可能性も
否定できないので、
自律神経失調症に違いないと
思い込む前に診察を受けるべき
だったのかもしれません。

症状が改善されると、どうしても
病院へ行くのは面倒になるものです。

「自律神経失調症と診断されたなら、
少なくとも重大な病気ではなかった
ことを念頭に、あまりくよくよ
悩まないことが大切です」

という文章が、借りた本に
出ていたのが印象的でした。

関連記事
【たけしの家庭の医学】ストレスが冷え性の原因?心の冷え性解消法を紹介!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-関連症状
-, , ,

Copyright© 冷え性・低体温の改善克服体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.