冷え性と低体温改善に役立つ情報や実際に試した対策グッズ・サプリメントを紹介しているブログです

冷え性改善体験ブログ

冷え性の症状

梅雨冷えの原因と対策は?梅雨時期の不調を解消する方法を紹介!

更新日:

アジサイの花

梅雨時の冷えが不調をもたらす原因と対策を紹介します。

飲み物や衣類、グッズを活用して体調不良を解消しましょう。

スポンサーリンク

梅雨冷えは激しい気温差や湿度が原因

梅雨時期の天気

梅雨は季節の変わり目にあたる時期です。

湿度が高い日が続いたかと思えば急に冷え込む日があったりと気温差が激しいのが特徴。

もともと冷え性の人はもちろん、普段あまり冷えを気にしない人も体が冷えやすい時期といえます。

時候の挨拶や俳句の季語に「梅雨冷え」「梅雨寒」などがありますが体調を崩さないよう注意が必要です。

体調不良は激しい気温差や高い湿度などによる自律神経の乱れが大きく影響しています。

【自律神経の乱れ】

高気圧と低気圧が交互に入れ替わる気圧の変化は自律神経の乱れを引き起こします。

そのため、体の調子がなんとなくすっきりしない状態になってしまうのです。

湿度が高くムシムシとした梅雨は、特に体調管理に気をつけたい時期といえます。

【水毒による冷え】

東洋医学では体内にある余分な水分により体調を崩すという考え方を「湿邪(しつじゃ)」「水毒(すいどく)」といいます。

気温が低く湿度が高いと飲んだ水分が汗となって蒸発しにくくなります。

すると、体に水がたまりがちになり、たまった水によって体が冷えやすくなってしまうのです。

水は下に溜まるので特に下半身が冷えやすくなります

梅雨時期の不調を解消する方法

梅雨時期の体調管理

梅雨時期は冷えている自覚がないままで過ごしがち。

放っておくと、ますます体が冷えてしまいます。

体の内側と外側の両方から対策をとりましょう。

【衣類で体の外側から冷え対策】

・スパッツ
・レッグウォーマー、足首ウォーマー
・靴下

夏にかけては冷房をつける事も多くなります。

冷たい空気は足元に停滞するので冷えを引き起こす原因のひとつとなってきます。

足元の冷え対策には、ふくらはぎや足首を温めるのが効果的です。

下半身をしっかり温めることで全身の血流もよくなります。

上半身は薄着でも大丈夫なので暑いときはトップスで調節するとよいでしょう。

体温調整が簡単にできる薄手のカーディガンやストールを常に携帯すると重宝します。

【温熱シートで温める】

梅雨時になると下半身がだるくなって腰痛がひどくなる場合は冷えが原因かもしれません。

下半身、特にふくらはぎの部分の冷えが慢性化すると、この部分が凝ってきます。

そうすると次に進行するのが太股外側の筋の張り。

これが起こってくると臀部の筋肉痛、鈍痛、そして腰痛へと進みます。

凝りの症状をやわらげるにはマッサージをしたり温める方法が効果的です。

肩・首・腰まわり・太腿・二の腕の裏側・ひざの裏など血管が密集していたり大きな筋肉がある部位を温めると効率的に体全体が温まります。

肌に直接貼ることができる温熱シートを試してみましょう。

じんわりと温めることで血のめぐりが良くなり、凝りをほぐすことができます。

温熱シートは、かさばらないのでバッグの中に常備しておくのもいいですね。

急に冷えてきたときに便利です。



めぐりズム 蒸気の温熱シート(16枚入)【kao6me4pp6】【めぐりズム】[めぐりずむ 蒸気の温熱シート 16枚入]

【半身浴で内側から温める】

体を内側から温めるには半身浴もオススメです。

リラックス効果で自律神経を整えストレスや痛みを軽減します。

シャワーですませないで湯船に浸かることがポイントです。

関連記事
冷え性におすすめの入浴剤は?人気入浴剤と効果的に体を温める入浴法を紹介!

【食事のバランスに気を付ける】

ビタミン・カルシウム・ミネラルは自律神経の働きを整える作用があります。

バランスよく様々な食品を摂るように心がけましょう。

また、水毒を防ぐには水分を上手に排出するのがポイント。

利尿作用と発汗作用のある食材を摂るようにしましょう!

利尿作用のある食材は、小豆、冬瓜、緑茶、アサリ、キュウリ、トマトなど。

水分調節を行う腎臓の働きを助けるカリウムが豊富です。夏野菜を摂ると覚えるとよいでしょう。

発汗作用のある食材は、ネギ、ショウガ、シソ、ニンジン、カボチャ、ペパーミントなど。

体をポカポカと温め食欲を増進させる作用もあります。

※夏野菜は体を冷やす食材なのでショウガなど体を温める食材と一緒に摂るのがオススメです。

さいごに

梅雨時のアジサイ

梅雨は体調不良になりやすい時期です。

食事、衣類、半身浴など毎日のこまめなケアで体調管理をしていきましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-冷え性の症状
-, , ,

Copyright© 冷え性改善体験ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.