冷え性と低体温改善に役立つ情報や実際に試した対策グッズ・サプリメントを紹介しているブログです

冷え性改善体験ブログ

冷え性改善・対策方法

体を温める果物と体を冷やす果物の見分け方

更新日:

いろいろな果物

体を温める果物と体を冷やす果物があることをご存知ですか?

果物は体を冷やすといわれていますが、実は全ての果物が体を冷やす訳ではないのです。

具体的な見分け方を紹介します。

スポンサーリンク

体を温める果物と体を冷やす果物の見分け方

バナナ

バナナやマンゴーなど南国産の果物は体を冷やします。

一方、リンゴなど寒い地方の果物は体を温める力が強いといわれています。

【寒い地方】
 自然に体を温める食べ物(食材)を食べるようになり、また、それが育つ。

【暑い地方】
 体を冷やす食べ物(食材)を食べるようになり、また、それがよく収穫される。

ということです。


●北方産果物は、体を温める(体を冷やさない)
●南方産果物は、体を冷やす

と覚えておくとよいでしょう。

体を温める果物・冷やす果物一覧

いろいろな果物

体を温める果物・冷やす果物にはどんなものがあるのでしょうか。

代表的なものを紹介します。

【体を温める果物】
サクランボ
ブドウ
プルーン
いちじく
あんず

【体を冷やす果物】
バナナ
パイナップル
スイカ
マンゴー
ミカン
レモン
グレープフルーツ
キウイ
メロン

体を温める果物リンゴは冷え性の人でも安心

リンゴ

寒い地方で収穫されるリンゴは、体を冷やすことはありません。

体温が低い方でも安心して食べることができる果物です。

体を温める作用がある人参と一緒にジュースにして飲むのもオススメです。

人参は、漢方では体を温め、胃腸の働きを良くするといわれています。

「野菜ジュースは体が冷えるから…」という方でも、リンゴと人参のジュースは飲んだ後に冷えることがありません。

【リンゴと人参のジュースの作り方】
◆材料
リンゴ 中2本(約400グラム)
ニンジン 1本(約300グラム)
※これでコップ2杯半のジュースができます。

作り方は簡単。
リンゴと人参をジューサーにかけるだけ。

できたジュースに、お好みでハチミツや生姜汁(小さじ1)を加えたり、レモンを絞ります。

体を温めるドライフルーツの嬉しい効果

ドライフルーツ

南方原産の果物でも、ドライフルーツにすると温(熱)性になるので体を冷やすことがありません。

ドライフルーツは、乾燥して水分を飛ばして作られます。

そのため、体を冷やす効果はなくなり体を温める作用が強くなる食べ物に変わるといわれています。

例えば、柿は体を冷やす果物に入ります。

しかし、干し柿は水分を飛ばしたドライフルーツなので体を温めてくれる食べ物になるというわけです。

マンゴーやバナナなどいろいろな果物がドライフルーツとして販売されています。

毎日、食べる習慣をつけるのもよいかもしれませんね。

ただし、カロリーが高いので、食べ過ぎには注意しましょう。

体を温める働きがあるナッツ類と一緒にオヤツとして少量食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

【ドライフルーツの特徴と効果】
・栄養価が高い
 水分が蒸発された分、栄養成分がぎゅっと凝縮されています。
 少量で効率よく栄養素を摂取することができます。

・腹持ちがよいのでダイエットにも向いている
 ある程度の固さがあることで噛む回数が増えます。
 そのため少量でも満腹感につながりやすくなります。

・長く保存できる
 乾燥させることで生の果物より長く保存ができます。

・手軽に食べられる
 皮をむいたり切る必要がないので手軽に食べることができます。

・携帯に便利
 軽くてかさばらないので持ち運びにも便利です。

【目的別ドライフルーツの選び方】
・バナナは食物繊維が豊富で便秘解消やダイエットに

・マンゴーはビタミンA、C、Eを含むので美肌効果を期待して

・クランベリーやアプリコットは抗酸化物質が豊富なのでアンチエイジングに

・プルーンは鉄分を多く含むので貧血に

・ブルーベリーはアントシアニンを豊富に含むので眼精疲労に

ドライフルーツは、健康や美容など目的別に選ぶのもよいかもしれませんね。

体を冷やす果物を食べるときのポイント

ミカン

果物は、栄養も酵素も手軽にとれて胃に負担をかけずにすむ性質があるという点では、とても優しい食べ物です。

体が冷えるから果物を食べない、というのはおすすめできません。

バランスのよい食生活を心掛けたいものです。

【体を冷やさない食べ方】
・体を温める食べ物や飲み物と一緒に食べる
・食べ過ぎない

体力が充実した健康な若い人は、何を食べても健康でいられます。

しかし、低体温や冷えがある人は体を温める事を常に意識していきたいもの。

特に「冷蔵庫で冷やして食べるのが好き」という人は要注意です。

できれば常温で、冷やすときも、ほどほどにしておきましょう。

また、食べる時間帯にも気を付けてみましょう。

例えば、ミカンは体を冷やす果物ですが、ビタミンたっぷりで風邪の予防にもなります。

食べるのであれば、1日1~2個、朝や昼など体を動かす時間帯にするとよいでしょう。

体を温める果物と体を冷やす果物まとめ

今回は、体を温める果物・冷やす果物について調べたことをまとめてみました。

記事を更新するにあたり、改めて根拠を調べました。

東洋医学とマクロビオテック(自然食中心の食事法)では、ずいぶんと考え方が違うようですね。

そもそも、「陽性」や「陰性」といった概念は、結構、曖昧なものらしいです。

例えば、マクロビオティックでは「陰性」で体を冷やすと言われているのに、東洋医学では「陽性」で体を温めると言わ

れている食べ物もありました。

というわけで、

・ひとつの食べ物に偏らず、バランスよく食べる
・基本的に、冷やして食べない。常温か温めて食べる

食生活については、この2つを心掛けるのがよいかなと考えています。

関連記事
体を温める砂糖「甜菜糖」とは?白砂糖が体を冷やすって本当?
体を温める野菜「人参」で冷え性対策!効果的な食べ方は?
冷え性改善サプリメントの選び方!食事で不足する成分はサプリメントで!
冷え性改善に効果的な飲み物は?体を温める効果のあるホットドリンクを紹介!
冷え性・低体温に効く漢方薬

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-冷え性改善・対策方法
-, ,

Copyright© 冷え性改善体験ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.