冷え性改善サプリメントや冷え性対策グッズを管理人が試した体験談を紹介しています。冷え性と低体温を改善克服するために効果的な食事・運動・入浴法などの情報も合わせて紹介しています。

冷え性・低体温の改善克服体験談

コラム

冷え性と低体温!何科の病院を受診すればいいの?

更新日:

病院

冷え性や低体温、低血圧の症状がある場合、何科の病院を受診すればよいのでしょうか?

どのような方法で治療するのかも気になりますね。

調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

冷え性は何科の病院を受診する?

病院の受付

冷え性を改善するには、食生活の見直しや適度な運動、マッサージやツボなどいろいろな方法があります。

これらの方法を試してみても改善が見られないようであれば病院で診てもらうことも必要です。

病気ではないからといって冷え性をそのまま放置してはいけません。

年齢を重ねるごとに冷え性が原因で色々な病気も引き込みやすくなります。

冷えがあると更年期障害の症状が重くなることもあるといわれています。

若いうちに改善しておきたいですね。

また、病気が原因で冷えの症状があらわれることもあります。

内科で病気がないか調べてもらうことも必要かもしれません。

病院では、貧血の検査や女性ホルモンのバランスチェック(婦人体温計の測定)、甲状腺ホルモンの検査、血圧などを調べることもあるようです。

病気が原因でないことがはっきりしているのであれば、冷え性外来や女性外来を受け付けている病院を受診してみるとよいでしょう。

一般に、冷え性は内科・循環器科・婦人科で診ている病院が多いようです。

「地域名 冷え性 病院」などと検索すると、自分が住んでいる地域の病院を見つけやすいと思います。

かかりつけの病院があれば担当の先生に相談してみるのもよいでしょう。

冷え性は漢方治療を行う病院で相談する

「ひえしょう」には「冷え性」と「冷え症」、この2通りの表現があります。

西洋医学では「冷え性」と書きます。
病気ではなく「体が冷えやすい体質」とされています。

もともと「冷え」という概念は西洋医学には存在しないので治療の対象とみなされません。

一方、東洋(漢方)医学では「冷え症」と書きます。

「冷え」は東洋(漢方)医学の概念です。

万病のもととなる「未病」と考えられています。

冷えによる不調で病院に行ったのに、どこも悪くないといわれた

このように、検査で異常がなくても、冷え性に悩まされているケースは存在します。

冷え性は漢方薬の得意とする分野です。

漢方治療を得意としている病院を探して相談してみたほうがよいかもしれませんね。

足が冷える、冷房にあたると体調を崩してしまうといった症状を東洋医学では治療の対象としています。

ただ、長い間に少しずつ進行してきた症状は、漢方薬で治療を始めたからといって、即効で改善するわけではありません。

時間をかけて治療をしていく必要があります。

また、漢方薬の服用だけでなく、食事や生活習慣を見直していくことも大切です。

関連記事
冷え性・低体温に効く漢方薬

参考サイト
https://www.tsumura.co.jp/kampo/nayami/hieshou01.html

低体温は何科の病院を受診する?

低体温で低血圧のため、めまいや立ちくらみ、非常に疲れやすいなど体調が悪いことで悩む人は多いといわれています。

命に関わるようなものではないにしろ、毎日の生活で体が辛いのは、本当に大変なものです。

病院に行くまでもないのかも知れない…と思ってはいけません。

一口に低血圧といっても、次のように分けることができます。
・原因がよく分からない本態性低血圧
・立ちくらみが多い起立性低血圧
・病気などが原因の低血圧

自分の低血圧のタイプがどれなのか?
低血圧・低体温をきたす他の病気が隠れていないか?

ということを知るためにも医療機関(内科)を受診することをおすすめします。

ちなみに、病院では血圧が低いことだけでは低血圧症とは呼ばないそうです。

立ちくらみ・めまい・全身倦怠感などの症状がある時に、低血圧症として治療の対象になります。

低体温と低血圧の症状に関係はある?

必ずしも低血圧=低体温とは限りません。

しかし、低血圧の人は低体温にもなりやすく、どちらかの症状があると、もう一方のリスクも高まるといわれています。

◆低血圧は病気?
血圧というと、気を付ける必要があるのは高血圧ですね。

高血圧は、
最高血圧130mmHg以上、
最低血圧が85mmHg以上の状態を指します。

高血圧は、生活習慣病をはじめとする様々な病気を招く原因と言われています。

ところが、低血圧には高血圧のような国際的な診断基準がありません。

WHO(世界保健機関)の基準では、最高血圧が100mmHg以下、最低血圧が60mmHgを低血圧と呼んでいます。

日本の病院では、最高血圧(収縮期血圧)が100mmHgより低いことを目安として診断する場合が多いそうです。

低血圧自体は病気ではありません。

血圧が低くても全く症状のない人も多いです。

その一方で、低血圧が原因で体の不調を訴える人がいるのも事実です。

低血圧の症状には、朝起きられない・立ちくらみ・頭痛・肩こり・耳鳴り・不眠・胃もたれ・動悸(どうき)などがあります。

低体温・低血圧の改善は生活習慣の見直しが基本

低血圧も低体温も改善するために必要なことは共通している部分が多いです。

3つのポイントを意識してみましょう。
・食生活の見直し
・生活習慣の見直し
・適度な運動

実践しやすい食生活から見直していくのもよいかもしれませんね。

毎日の食事はバランスよく必要な栄養分をきちんと摂ることが大切です。

不足しがちな栄養はサプリメントで補うのもオススメです。

冷え性改善サプリメントの選び方!冷え性対策に役立つ成分は?

さいごに

最後に、我が家の女性の低体温と低血圧の状態を書いておきます。

管理人(40代)は、冷え性で最大血圧100mmHg未満。
低血圧といえますが、低血圧による不快症状はありません。
朝も普通に起きられます。

娘(10代後半)は低体温です。
朝、なかなか起きられないので自分では低血圧だと思っているようです。

ただ、血圧を測ったことがないので本当に低血圧かどうかは不明。

母親(70代)は低血圧でしたが、最近、高齢のためか血圧が高くなりました。
冷えの症状はありません。

このように、低体温と低血圧といっても、その症状は皆違います。

血圧が生涯ずっと低いままということもなさそうです。

低血圧そのものは「血圧が低い健康な人」であり病気ではないといわれています。

上手に付きあっていけば、低血圧が原因で起こる不快な症状は軽減することができます。

低体温を改善することでも症状は軽くなるでしょう。

まずは、低体温の改善に取り組みましょう!

注)年齢・症状は記事作成時のものです。娘の低体温は改善されました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-コラム
-, , , ,

Copyright© 冷え性・低体温の改善克服体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.