100均ミニ湯たんぽと繰り返し使えるエコカイロ、持続時間はどれくらい?節約になる使い方を紹介!

湯たんぽとひざ掛け

ダイソーやセリアなど100均で販売されているカラフルなミニサイズの湯たんぽと繰り返し使えるエコカイロ(パッチンカイロ)。

どこでも手軽に使える点が優秀ですね。

暖かさの持続時間はどれくらいなのか試してみました。

100均ミニ湯たんぽの持続時間はどれくらい?

ミニ湯たんぽ

今回、購入した100均ミニ湯たんぽの容量は350ml。

小さいペットボトル1本分ですね。

サイズは15センチほど。

デスクワークのときに膝にのせるのに丁度よい大きさです。

別売りでカバーも販売されていますが、タオルでくるんで使っても問題ありません。

実際に試してみたら約2時間、暖かさが続きました

湯たんぽならではの自然なやさしい暖かさが気持ちよく、使い心地がいいですね。

100均の繰り返し使えるエコカイロの持続時間は?

100均カイロ

100均カイロ

ビニールのパックの中に透明な液体と金属ボタンが入っています。

この金属ボタンを押すと、液体が見る見るうちに白く固まっていき、あっという間に暖かくなります。

暖かさの持続時間は約30~60分。

即効で暖かくなるところがいいですね。

通勤・通学の時にポケットにいれて手を温めるという使い方もいいかもしれません。

付属の説明書によると湯煎すれば使用前の状態に戻るので繰り返し使えるということです。

100均ミニ湯たんぽの節約になる使い方は?

普通サイズの湯たんぽの場合は保温性が高いので、翌朝の洗顔や洗濯、掃除などに無駄なく使うことができます。

一方、ミニサイズの湯たんぽは、そこまで長時間暖かさを保つことはできません。

でも、膝の上にのせる、冷える足元に置くという使い方をすれば、エアコンの設定温度を少し低めに設定しても快適に過ごせます。

暖房費の節約になりますね。

こたつの中に湯たんぽをいれて、こたつの電源を入れずに使うという方法もあります。

ちなみに、湯たんぽを足元に置くと冷めやすいと感じることはありませんか?

そんな時は、ダンボール箱などで湯たんぽ入れを作るといいかもしれません。

そこで市販の足温器を思い出しダンボール箱の前に気泡入り緩衝材(通称プチプチ)をかけた湯たんぽ入れを作ってみたのですが、この中に湯たんぽと足を入れておくと長時間温かい状態で湯たんぽを使うことができています。

出典:allabout.co.jp

関連記事
湯たんぽのおすすめ種類は?種類別の特徴と効果的な使い方!
充電式湯たんぽの人気おすすめ商品は?蓄熱式エコ湯たんぽのレビューも紹介!

100均ミニ湯たんぽとエコカイロの持続時間 まとめ

ミニ湯たんぽとエコカイロは、持続時間がちょっと短め。

なので、短時間温まりたいという場合に向いてします。

温め時間がもっと長いほうがよい場合は、普通サイズの湯たんぽや充電式のエコカイロを使いましょう。

使用する場所や時間に合わせて上手に使い分けして、寒い季節を暖かく過ごしましょう!

関連記事
太ももを温めるグッズと方法!効果的な太腿の冷え対策は?

タイトルとURLをコピーしました